更新記事

タオ島・パンガン島

サムイ島から行く離島、タオ島とパンガン島の地図と情報。タオ島とパンガン島は飛行場が無いので、サムイ島まで飛行機で来てから船で渡る離島です。辺鄙な島々ですが、サムイ島以上に海中には美しい珊瑚礁、自然が残されています。近年では安心して泊まれる快適なリゾートホテルが増えてきたタオ島とパンガン島は滞在する価値があります。タオ島とパンガン島のビーチ(滞在エリア)を地図で紹介。パンガン島はフルムーンパーティーでも有名な島です。ホテル情報などは2017年12月更新。

サムイ島から行く、パンガン島のフルムーンパーティー

サムイ島から行く パンガン島のフルムーンパーティー サムイ島の沖合いに見えるパンガン島のハードリンビーチ では、毎月、満月の夜にフルムーンパーティーがあります。 このパンガン島のフルムーンパーティーは、若者の間では、 世界的に有名なビーチパーティーで、通常2万人、年末の フルムーンには、4万人の旅行者がビーチに集います。 元々は、飲んでは踊り、トランス状態を楽しむパーティーで、 30年以上前の発祥のころは、ドラッグを好むヒッピーの集い でしたが、パーティーが有名になった近年は大衆化が進み、 サムイ島発の観光イベントの1つとして、定着してきました。 2万人集まる、青空ディスコ(クラブ)みたいなものですね。 バケツ入りの安ウイスキーとポップスを買って、 パンチボウルのようにバケツの中で混ぜて、 仲間と回し飲みが、ビーチパーティー風。 暗闇で目立つ蛍光塗料のペイントを身体に描いたら、 ⇒ 全文を表示


サムイ島から行ける離島-パンガン島の地図

パンガン島-サムイ島から行ける離島 サムイ島から行ける いちばん近い離島は、パンガン島。 サムイ島の地図 サムイ島のバン・ラ(ビックブッダビーチ)やメナムビーチから、 沖合いに見えるパンガン島はサムイ島の3分の2位の広さ。 サムイ島から大型高速船で30分、パンガン島のトンサラ港。 サムイ空港に近いビッグブッダ港から大型高速船(シートラン) を利用すると便利ですね。 パンガン島は、フルムーンパーティで、とても有名な島ですが、 島の北西部は魚とサンゴ礁の宝庫、北東部にはクリスタルの ような透明度を誇る、美しいビーチがあります。 パンガン島では、離島ならではの素朴な雰囲気と、美しい海が 満喫できる、北西部・北東部の滞在をおすすめします。 パンガン島の地図 パンガン島は、島を周回できる道路は、ありません。 すべての道は、港のあるトンサラの街が起点になります。 ハードリンビーチ トンサラから南東⇒ 全文を表示


サムイ島から行ける離島-タオ島の地図

タオ島-サムイ島から行ける離島 サムイ島から行けるサンゴ礁の美しい離島なら、タオ島。 タオ島は、タイ湾でいちばん有名なダイバーの島。 ダイビングをする方はもちろん、ダイビングをしない方でも、 美しいサンゴ礁の海を眺めたり、シュノーケリングなどして、 魚と戯れて遊ぶことができる、素朴な離島です。 サムイ島からタオ島へは大型高速船で2時間弱掛かります。 メナム港(ロンプラヤ社)またはビッグブッダ港(シートラン社) のどちらの船を利用しても、行くことができます。 サムイ島1泊 → タオ島2泊~ → サムイ島2泊 というのが、 (ゆったり旅行するには)最短日程のスケジュールになり ますので、タオ島で中3日くらい潜ってみたいなら、1週間 程度の旅行を計画すると良いでしょう。 夏休み期間の7月~9月は、タイ湾側(サムイ島・タオ島) の海のベストシーズンに当たりますので、絶好の機会です。 タオ島の地図 ⇒ 全文を表示