更新記事

サムイ島発 バンコク旅行記-デュシタニ バンコク ホテル(2)

サムイ島発 バンコク旅行記
デュシタニ ホテルのレストラン
フランス料理の「D’Sens」

「サムイ島発 バンコク・グルメ旅行」-その6
3日目

「サムイ島発 バンコク・グルメ旅行」の3日目は、
デュシタニ・ホテルの「D’Sens」でランチ。

今日は、ランチコースのメニューから前菜とメインを選ぶ。
僕の好きなカクテルは、休暇のときは砂糖抜きのダイキリ。
ダイキリを飲むと体がほぐれて、カリブ海の休暇って気分。

サムイ島現地情報 weekly samui
僕の前菜は、こちら。
ゼリーの下にはキュウリで作った外皮に包まれたカニ肉とホウイト・
アスパラのクリーム和え。
色彩がきれいな、あまりコッテリしてなくて食べやすい皿でした。

サムイ島現地情報 weekly samui
前菜のもう一皿は、ホタテとホワイトアスパラのクリームソース。

残念だったのは、この前菜の前にラビオリ入りの冷製のクリーム
スープがサーブされたこと。
泡立った冷たいクリームスープと、この前菜の泡立ったソースが
完全にだぶってしまって、食欲を下げました。

ところで、ここのオリーブの実が入ったパン、オリーブオイルが
効いていて、中の生地がギッシリ。美味しかったですよ。

サムイ島現地情報 weekly samui
僕のメインは、ほうれん草のソースの上に柔らかく煮込んだラム。
皿の周りを飾るのはラビオリ、ボロネーズとポテト。
フォンのソースとほうれん草のソースを混ぜて、いただく。

この店のこだわりは、彩り、色彩のセンスにあるように思われますが、
フランス料理のメインに添えて、ラビオリ、ボロネーズっていうのは、
いかがなものか?—ちょっと邪道な様な気がしましたね。

サムイ島現地情報 weekly samui
サイの頼んだメインは、鴨のロースト。
どうも、この店は皿を絵のカンバスに見立てているよう。
でも、このピンクも黄色も芋だよね。

サムイ島現地情報 weekly samui
こちら、デザートのタルトとレモン・シャーベット。

「D’Sens」のフランス料理、色彩豊かで美しいと思います。
料理の評価は、
今日のランチで不満点は、食材やソースがだぶっていたこと。
お皿に添えられたものの色彩的な意図は理解できましたが、
それを添える味覚的な意図には、疑問が残りました。

僕の選んだ前菜とメインなら、スープはコンソメにしたほうが
良かっただろうし、コンソメで店のフォンを紹介できたはず。
サイのメインにしても、オレンジソース添えにして、ポテトの
塊りを外してしまったほうが、美味しくいただけると思います。

「D’Sens」のフランス料理、ランチメニューを頻繁に入れ替えて
いるそうなので、気軽に食べに行くには良い店でしょう。
ただし、サムイ島で星の数ほどあるフュージョン料理を見慣れて
しまっているので、僕はどうも創作意欲のある料理が苦手です。

サイの評価は、
「ここのシェフ、日本人じゃないの?」—でした。

今日のランチのお会計は、
ランチ・コース 770B×2
カクテル 320B×2
飲料水 60B
エスプレッソ 160B
ジャスミンティー 120B
サービス料 252B
VAT 194B
合計 2966B


バンコクのホテル検索  サムイ島のホテル検索  プーケットのホテル検索

バンコクのホテル・旅行記 (目次)

Weekly Samui の読者になる
follow us in feedly RSSを購読する サムイ島現地から、旅行とホテルの詳しい情報 Weekly Samui